IME辞書登録機能とは

この記事では、

Windowsパソコンで標準装備されている

IME辞書登録を使って入力時間を短縮する方法について

紹介していきます!

 

この辞書登録を行うと

「お世話になります。」や「宜しくお願い致します」

のような、よく使用する文章を短い単語で変換できるようになります。

 

例えば、

「おせ」と入力して変換すると

「お世話になります。」が入力できます。

 

このように定型文を沢山登録することで

入力時間を短縮して作業の効率化をすることができます!

 

単語一括登録の方法

ただ、沢山の単語登録を

1つずつ行うのは手間がかかりますので

一括登録する方法について紹介します。

まずはメモ帳を起動して、

下の図のように「よみ」、「語句」、「品詞」の順に入力していきます。

この時、各項目を[Tab]キーで区切りながら入力していきます。

かいしゃ[Tabキー]美来瑠商事(株)[Tabキー]短縮よみ

といった入力の仕方です。

「品詞」で「短縮よみ」を指定する場合は、

「短縮読み」という風に「よみ」が漢字にならないよう注意します。

登録でエラーが出てしまいます。

入力が終わったら、好みの場所に名前を付けて保存し、メモ帳を閉じます。

 

言語バーの[ツール]ボタンから、

[ユーザー辞書ツール]をクリックします。

【Office IME 2007】
[ユーザー辞書ツール]は、2007では[辞書ツール]となります。

 

ダイアログボックスが表示されるので、

メニューバー[ツール]から、

[テキストファイルからの登録]をクリックします。

 

先程メモ帳で作った文書を指定し、

[開く]ボタンをクリックすると・・・

 

結果が表示されます。
[終了]ボタンをクリックすると、

 

登録が完了した単語が一覧表示されているのが分かります!
ダイアログボックス右上の[閉じる]ボタンをクリックすれば終了です!